共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2014/9/15 22:01


旧ユーゴ・ルーマニア・ブルガリアの治安についてお聞きします。
私は20代前半の女子大生で、
来年の2月あたりにヨーロッパへの旅行を計画中です。

チェコかオーストリアでイギリス在住の 友人と待ち合わせ、合流し、その後はポーランドへ滞在、最後はワルシャワから私1人で日本に戻るつもりです。

友人と合流するまでの間、旧ユーゴやルーマニアの田舎町をまわっていきたいと考えています。
私は何度か、チェコやポーランドなどの中欧諸国や、ドイツ、クロアチアなどを1人でまわっておりますが、
今回はできればセルビアやボスニアへの旅に挑戦してみたいという気持ちがあります。しかし日本の外務省のページや地球の歩き方などを見ますと、女一人旅で果たして大丈夫かと心配になるようなことばかり並べてあります。
(発砲事件が多発しているだとか….)
サラエボやモスタル、ヴィシェグラード、ベオグラードなどの周遊をしたいのですが、実際のところ治安はどのような状況なのでしょうか?

実際に足を運んだことのある方、またそちらの方面に詳しい方がおりましたらご意見を頂けるとありがたいです。

また、ブルガリアやルーマニアもルートに考えており、私個人の考えとしてこの2カ国は上にあげた国よりは治安は良いのではないかという見解でおりました。
しかしルーマニアで女子大生が亡くなられた事件は記憶に新しいですし、ブカレストの方はかなり荒れていると聞いたので、今回ルーマニアに行くにあたっては、ブカレストなどの首都圏を避けてまわりたいと思っております。
そこで、上記した質問に重ねて申し訳ないですが、ルーマニア、ブルガリアにおいても、避けた方が良い場所、注意する点などございましたらご意見頂けると幸いです。

スリはどこにいてもかなり多いかと思いますので、かなり厳重に警戒して参ろうという覚悟ではあります。
回答投稿日時:2014/9/15 22:35
私達は世界中旅行していて、ヨーロッパの全ての独立国45箇国全て行ったことがあります。
ブルガリアは泥棒、スリが多く、ルーマニアはストリートチュルドレンに追い回されたことがあります。・・・過去の話です。

サラエボ、モスタル、ベルグラード、ノビサドは特に問題ありません。・・・但し、旅行者であることを忘れないようにしてください。

チェコ大使館に2014年1月31日に確認したのですが、下記に注意してください。
チェコ内では海外旅行保険の特に傷害、治療費が各€30,000(¥4,200,000)以上が要求されます。・・・日本の海外旅行保険では治療費や傷害の保険が低額なので要注意です。
出入国ではあまり問われることが無いのですが、市内で警官から保険証書の本人名義の原本を要求されることがあります。もし、その場で持参していない場合は罰金だそうです。

冬のヨーロッパですが、お金を出してまで旅行するところではありません。
是非、気候のいい季節に変更してください。

私達は23回のヨーロッパ旅行で、初めてのヨーロパ旅行が年末年始のツアーによる旅行でした。・・・最悪でした。
以降、冬にヨーロッパへ行ったことがありません。そして、全て個人旅行でした。
回答投稿日時:2014/9/16 0:01
外務省の公式ページよりもこんな知恵袋のわずか数人から
「私は大丈夫でした」を信用するんですか?
見どころ豊富なこのエリアも治安に関しては無法地帯です。
まだまだ貧しい人や難民も多く、生活のため 生きるために
犯罪行為を行っているのです。
どこが危険な地域なんて路地を一歩入った途端にやられます。
ツアー以外はやめた方が自分の将来の為ですよ。
回答投稿日時:2014/9/15 22:04
全体的に東欧方面の治安は悪く感じますね。

>>ブカレストなどの首都圏を避けてまわりたい

ただ、そうだったらあまり行く意味はないような気がしますが。

航空券
http://fra.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303261095-1

ホテル
http://fra.blog.so-net.ne.jp/archive/c2302709279-1

ヨーロッパの鉄道
http://fra.blog.so-net.ne.jp/2012-10-15