共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2014/8/24 0:15


海外旅行用変換プラグを探しています。アメリカニューヨークだとAタイプで日本と同様ですか。
回答投稿日時:2014/8/24 0:19
はい。
その通り日本のプラグがそのまま使えますので変換プラグは不要ですから
回答投稿日時:2014/8/24 6:45
自分もiPhoneを持っていますが日本の充電アダプターと同じで使えます
しかし、ちょっとアメリカのほうがコンセント大きくて充電アダプターが抜けやすくなってます。

ドコモかけ放題の場合、アメリカでの通話は別料金となります
iPhoneパケットの場合、
1日パケ放題2980円(日本時間を起点)申し込み不要と
24時間パケ放題1580円海外1dayパケ放題申し込み必要があります

両者についてはドコモのホームページから詳細確認してください
簡単に説明すると
1日パケ放題は日本時間の0時から23時59分まででパケット料金発生
MAXは2980円
海外1dayパケ放題は申し込みをしてから最初にパケット使った時間から24時間が1580円、次に使う場合は再度申し込みをしパケット通信開始から24時間

こまめに申し込みをできるなら1dayパケ放題が断然お得です

手続きはドコモショップではなく、端末からできます。
iPhoneからできます
https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/charge/1day/check/index.html
回答投稿日時:2014/8/24 4:34
3本のプラグってのは「アースがあるもの」じゃないですかね?

大きな電力が必要な製品の場合、オーバーヒートしやすいので
電気を逃がすためのものがあったほうが安全で、それが
「もう1本の棒」なわけです。
だから、無くても使えます。

日本のプラグは、アメリカあわせでAタイプになってます。
つまり、日本と同様じゃなくて、日本がアメリカと同様なんです。
アメリカは州ごとの法律が多いですが、一応は全土で
Aタイプを利用となっているはずです。

なお、電圧については既出にも既出な情報ですけど。
デジカメやスマホなど「海外旅行や出張で使うだろうな」という
製品は、ほぼほぼ世界中で使える電圧設定で販売されてます。
(100V-240V 50/60Hzと表示)

海外通話についての設定は、個人個人で契約が違うので
ショップで確認するしかありません。
(ちなみに自分の場合、携帯の機種自体は海外通話可能
ですけど、契約してないので海外では使えません)
料金に関しても、日本の感覚で使うとパケット代が高額になり
とんでもない金額請求が来ますよ。
それもあわせて確認して、契約体制を考慮しないと危険です。