共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2013/6/13 7:13


タイのバンコクに、チットロム駅そばにある「エラワン」と、バンコクのずっと東にある「エラワンミュージアム」とで、
二つエラワンがありますが、場所は全然違いますよね。

何か関係あるのでしょうか?
回答投稿日時:2013/6/13 8:56
エラワンは神のお使いだそうです

日本の神社にいる狛犬に近いものと思って頂ければ良いです

お姿は象に似ています

タイ・バンコクには「エラワン」の名付いた場所や建物は色々あります
「エラワン・バンコク」というホテルもその1つです
回答投稿日時:2013/6/13 21:59
エラワンとは何か?と言うことですが、こちらが参考になります。

ブラフマー(梵天)を奉る祠が有名です。
バンコクのラーチャダムリ通りとラマⅠ通りの交差点に祠があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%81%AE%E7%A5%A0

こちらによれば、エーラワンが地鎮の神でもあるようになっていますので、土地柄あちこちに同じ名前を冠したところが出来たのでしょう。





.


mihiro_noni 、私のIDをパロってパクってナリスマシ回答をするのは止めてください。

回答投稿日時:2013/6/13 7:51
チットロム近くのエラワン

ブラフマ神が祀られている。
エラワンプームとよばれてますが、エラワンの語源のアイラーヴァタは、 ヒンドゥー教の聖獣です。


バンコクの東にあるエラワン

エラワンミュージアム、頭が3個ある象の建物
アイラーヴァタは頭が4個ある象なので、アイラーヴァタを模したのだと思います。