共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2013/1/9 7:46


ヒルトンハワイアンビレッジワイキキビーチリゾートから午後6時から7時頃アウトリガーリーフオンザビーチまで移動しますが、徒歩だと距離又は時間は、どれくらいかかるでしょう?また、治安は問題ないでしょう か?
回答投稿日時:2013/1/9 9:53
直線距離になるビーチ沿いの歩道を歩くと10分ぐらい

現在の日没時間は午後6時10分

その時間帯なら大丈夫と思います

歩行者も多いですから

でも若い女性で大きなスーツケースを運ぶなら市バスがお薦めです

木陰でラリッてる馬鹿者が居ないとも限りません


「追記]

ホノルル市郡政府の法務部の職員です

バスの運転手が荷物の持ち込を拒絶できる時は荷物が他の乗客の安全を阻害し迷惑になると判断した場合のみです

私がバスドライバーなら女性は喜んで乗車して戴きます♪

法規を知りもせず真摯なアドバイスを否定するバカは無視なさってください

ALL ABOARD!
回答投稿日時:2013/1/9 15:30
その時間帯は何度もヒルトンからアウトリガーリーフまで(更にワイキキ中心まで)歩いています。

時間は、厳密に言うとアリイタワーとGワイキキアンタワーでは5分ぐらいの差が出ますが(それくらいヒルトンは広い)10分から12~3分で行くと思います。
海岸線にあるアスファルトの遊歩道、その時間帯は治安は全く問題なし、危険どころか私の大好きなウオーキングタイムです、日の沈む前のビーチを惜しむかのように戯れる人々で溢れています。
そして是非日没直前に歩いてください、西に沈む南国の太陽の美しさに圧倒されますよ。

ただ前回答者の「大きなスーツケースを運ぶなら市バスがお薦め」のアドバイス、「~だろう」の安易なアドバイスはかえって迷惑になることがあります。
市バス(The Bus)はスーツケース持ち込み禁止です。

---追記----
あまりこういうことで押し問答したくはないのですが、勘違いして現地迷惑こうむるかたが出ないように・・。

スーツケースといっても大きさは多種あります。
このQAの場、状況から現実的にスーツケースの大きさを、空港、ターンテーブルから出入りしている大きさの平均、と考えて話します。
ザ・バスでは床の上に置かない、他の座席に置かない、膝の上にのせられる、しかも他の座席(二人がけ椅子だと隣の領域に)はみ出さない大きさと規定されています。
高さも制限があります(H-約60cm)。
しかしドライバーが一回一回測るわけではないので、持ち込んで椅子に座れない場合は他の床に置けないから、手で持っている?
椅子に座れたら、ほかの領域にハミ出せないので膝の上に縦に(顔も頭も隠れるが)置いて座っている?

あまり現実的じゃない、こじつけのような回答になるでしょうね、これでは。

※実際、私のメンバーが過去に、空港からアラモアナや食事に直接行って、知らずにそこからバスに乗ろうとしてドライバーから拒否されています。
しかし何も言わず乗せてくれた例もあります、これはドライバーが混み具合などの判断から無視したと思われますので参考にはならないですね。
回答投稿日時:2013/1/10 2:20
ヒルトンハワイアンビレッジからアウトリガーリーフオンザビーチまでの距離は、出発地点で違いますが約600mから800mです。

ですのでゆっくり歩いても10分以内で到着出来ます。まあ午後6時から7時頃でしたら治安の問題はあまり気にしなくていいですが、もしこれが深夜ですとフォートデルーシー公園あたりは不安ですので避けられた方がいいでしょう。

ちなみに下の回答でバス利用について意見の相違がありますが、「スーツケース」なら何でも持ち込み禁止というわけではありません。

ザバスの手荷物に関する規則によりますと。

手荷物のうち、座席の下またはひざの上に収納でき、別の座席にはみ出したり、他の乗客のじゃまになったりしないものは、無料で車内に持ち込むことができます。 他の乗客に危害や不快感を与える可能性のある大型の物品、持ち運びが困難な物品、危険な物品、不快な物品を手荷物として車内に持ち込むことはできません。 通路または座席上に手荷物を置くことはできません。 第28-2.4項

と書かれており、「スーツケースは持ち込み禁止」とは書かれていません。あくまで別の座席にはみ出したり、他の乗客のじゃまになったりしない程度の荷物なら車内に持ち込むことが可能です。

ですのでバスのドライバーが「他の乗客に危害や不快感を与える可能性がある」と判断しない限り、スーツケースを持ち込みすることは規則違反ではなく、合法ですから何も問題ありません。

確かな根拠のない「スーツケースは持ち込み禁止」のような安易なアドバイスはかえって迷惑になることがあります。



追記:ザバスでは事件事故などを含め走行中のあらゆるケースについてドライバーには最終判断する権限があります、ですので乗客を乗せるか乗せないかについての判断もドライバー本人に任されています。

もし大きな荷物を持った客が乗ろうとした場合、ドライバーは混雑する路線でないか混雑する時間帯でないかなどを勘案し、最終決定として「他の乗客に危害や不快感を与える可能性が無い」と判断すれば乗車させることが出来るのです。これはバス規則(ドライバーの権限)に則った行為であり規則違反ではありません。

空港からワイキキ方面へのバスで大きなスーツケースを持った人が乗ろうとして乗車を拒否されるのは「旅行客のスーツケースは中身が重いので、他の乗客に危害や不快感を与える可能性がある」とドライバーにより判断されるからです。

私も郊外のショッピングセンターで大きなスーツケースを購入した客がバスに乗り込んできたのを見ましたが何も問題なく乗れていました。これはドライバーが「購入したスーツケースは中身が空で、他の乗客に危害や不快感を与える可能性が無い」と判断したからであり、無視したとか見て見ぬふりをしたのではないのです。

実際に車内はすいていましたし誰もクレームをつけませんでした。つまりこういう場合は参考にならないのではなく「スーツケースを持っていても、乗ることに問題ない乗客」だから当然のこととして乗るべくして乗れたのですからむしろこれを参考にすべきなのです。

もしこのときに「購入したスーツケースであっても、スーツケースは規則で持ち込み禁止だろう」とドライバーにクレームしてもそれこそ無視されるでしょう。ドライバーの有している権限や裁量に対して規則を杓子定規にクレームしても無意味だからです。

それより、「スーツケースは持ち込み禁止」と十把一絡げにしてしまっては、本来何も問題なくバスに載せることが出来るスーツケースであるにもかかわらず「スーツケースはスーツケースだから…」と最初から乗車をあきらめてしまうことにもなりかねません。そんな勘違いで現地で迷惑こうむる方が出ないようにきちんと説明すべきでは・・。

「市バス(The Bus)へのスーツケース持ち込みは、禁止が原則ではありません。あくまでケースバイケースです。」